ここぞという時「攻め」必勝法

出会い系サイトで知り合った女性とは、いつか必ず会いたいという気持ちはあるでしょう。
特に有料の出会い系サイトを利用している男性ですと、料金なことを考えると尚更です。
ですからできるだけ早く、直アドの交換にも持ち込みたいですし、会う約束もしたくはなります。
けれど、大概の女性は出会い系サイトに登録したとしても、メル友を探す感覚でしかありませんから、
男性が直アド欲しい、早く会いたいという態度が少しでも見えると、それで終わりと考える人も多いのです。
なので有料出会い系サイトでも、定額制や成功報酬制のほうが料金的なことを気にせずに利用できるでしょう。

だからと言って、やはり男性は直アドの交換などを言い出すタイミングは、きちんと考えておいたほうがいいです。
「そろそろ直アド交換しない?」では、なかなか「いいですよ」という返事はもらえないでしょう。
それまでは、女性との会話を楽しみ、話をよく聞いてくれる受け身の男性であるべきです。
では、どこで攻めの姿勢を見せれば良いのか。
それは、女性からプライベートな相談を持ちかけられるようになり始めたらです。
相談を持ちかけられてすぐにではありません。
女性はいろいろと見ていますよ。
男性が上から目線の意見を言わないか、女性の辛さを受けとめつつも、何かしらのアドバイスをくれるかどうか…。
それができていると、女性はどんどんとアドバイスを求めてくるでしょう。
そこが攻め時です!
まず、男性のほうからメールアドレスを渡しましょう。
このときに渡すのは、フリーメールアドレスのほうが良いですよ。
そして、「こっちのほうがすぐに返事してあげられるから、いつでもメールしてきて」とあとは女性に任せます。
女性からメールをしてくるまでは、今まで通りにサイトを介してのメールを変わりなくやりとりを続けましょう。